【チラシ中級者向け】今までよりチラシのレベルを上げたい人へ

今までよりチラシのレベルを上げたい人
「今までよりチラシのレベルを上げたい。これまでのチラシはあまり効果が無かったのでもっと集客力を高めたチラシ、宣伝をしたい。でもデザインをプロに頼むお金は無いので、自分で改良する方法が知りたい。」

というような疑問にお答えします。

本記事の内容

チラシは誰のために作る?
お客さんを増やす秘訣

前回チラシ作り始めての人の為に「【完全初心者向け】公演チラシの作り方【何が必要?】」を紹介しましたが、今回は中級者向けの記事になります。

ぼくはいままでチラシを作るのに丸1日費やしました。ものによっては修正や変更もあわせて一週間かけたものもあります。
でも、ここまでやってもチラシを見てきたお客さんは2~3人。とても割に合いません。

チラシで一番必要なのは「誰に向けて作られているか」でして、それさえ考えていればクオリティは気にせずお客さんの目に留まるチラシが作れるようになるんです。

今回は僕が実際にチラシ制作や広報をしていて気づいた
お客さんが喜ぶ公演チラシの作り方をご紹介します。

チラシは誰のために作る?

まず必要な項目を重要だと思う順にざっと説明します。。

1.公演タイトル
公演の名前です。
.内容紹介
あらすじ、どういう内容の公演なのかを説明しましょう。
3.日時
いつ、何時にやるのか、このとき「開場は上演の○分前」など入れておくと親切です。
4.場所
公演する劇場の住所を記載します。
5.団体名
どこの劇団がやる公演なのか
6.出演者
誰が出るのか
7.料金
いくらかかるのか。前売り・当日で違いがある場合はそれも記載します
8.チケットの買い方
電話やメール。チケット売り場の場所などを書きます。

と、こんな感じで考えているんじゃないでしょうか。
まずタイトル。そして内容紹介。次に場所と日にちで・・・。
という感じ。

しかし、このままの優先順位ではお客さんは見てくれません。

理由は簡単で、上記は「劇団側が伝えたい情報」に過ぎないからです。

「お客さんがほしい情報」というのがあります。
お金はいくらかかるのか。なんでそんな事をやるのか。
安全かどうか。面白そうか。有名人は出るのか。などです。

この「劇団側が伝えたい情報」と「お客さんがほしい情報」は違うんですね。
だから、自分たちが知ってほしい事だけ書いても、お客さんには響かないんです。

チラシは「お客さんのため」に作るんです。

では具体的にどうしたらお客さんのためになるのかを、次の項目で解説します。


お客さんを増やす秘訣

まず、チラシの情報の優先順位を変えましょう

1.内容紹介
2.日時
3.公演タイトル
4.料金
5.チケットの買い方
6.場所
7.団体名
8.出演者

あくまでも過程ですがお客さんは、どんな話をするのか。いつやるのか。いくらかかるのか。が知りたいところでしょう。
ビックネームの役者・スタッフが出ないなら、団体や出演者はあまり重要ではありません。
場所に関してもあまり重要視しません。福岡の公演のチラシを東京で配ったりしない限りは。

お客さん目線で考えると優先順位は大きく変わります。
チラシを作るときは、「自分がお客さんだったら何が気になるか」を第一に考えましょう。

お客さんが一番気にするのは時間

お客さんが一番気にするのは時間です。
内容は結局観て見ないとわからない部分が多いですから、ある程度の興味があればクリアしますが
スケジュールがあいているか。いつから行動したらいいか。はお客さん自身が調整する部分なので
分かりやすくして置くのがチラシ作りの一番のコツです。

公演が何回もある場合。日にちをまたいで行う場合は図を使うと分かりやすいでしょう。
こんな感じ

もう一つ、時間で大事なのが「大体何時ごろに終わるか」です。
これを書いていないチラシが本当に多い!

でも、やってるほうは気にならないんです。だって必要ないから。
仕方ないといったらダメなんですけど。お客さんの目線に立たないとなかなかそこまで気が遣えません。
僕も最初にチラシを作ったときは載せていませんでした・・・。

しかし、「上演1時間程度を予定」とか「終了時間00:00」というのはお客さんからしたら大事な情報です。
無いと、その後の予定が立てられないからです。

これで「終わりの時間が分からないから行くのやめようかな」という方は本当に多いです。
これが明確な理由ではなくても、チラシを見て不明な点があるとお客さんが考えないといけません。それはめんどくさいんです。
めんどくさい事はみんなしたくありません。
「なんとなくめんどくさいから行くのやめようかな」と、こうなる訳です。

ぜひ、注意しておいてください。

まとめ

集客率UPを目指すなら

1.お客さん目線にたった優先順位を付ける。
2.時間は分かりやすく見せる。
3.上演時間か終了時間を入れる。

これでただ作ったチラシより集客が見込めるはずです。
さぁ!まずはレッツトライ!