滑舌を鍛えろ!最も効果的な10の早口言葉

人前に出る前の準備運動として役に立つ早口言葉。
準備運動に効果的な10の早口言葉をご紹介します!

滑舌(カツゼツ)とは、言葉を正しく滑らかに発声する能力の事。
アナウンスや演劇などで使われていた専門用語なので、広辞苑やキーボードの変換では出てこないんだそうです。

滑舌の鍛え方中級編もありますであわせてご覧ください
「【中級編】滑舌をよくする方法【舌力を鍛える】」

効果的な早口言葉とは?

一般的な早口言葉といえば、
「かえるぴょこぴょこ・・・」や「赤パジャマ青パジャマ・・・」など
もちろんこれらでも舌の運動になるんですが、ひとつ問題があります。

それは、50音満遍なく練習できない
ということ。

演劇界では、滑舌の練習をするなら「行」ごとに発声するのがもっとも効果的といわれています。
どういうことかというと、ア行ならア行に特化した早口言葉を、カ行ならそれに特化した・・・
というような具合。

ですから、ア行からワ行それぞれに特化した早口言葉1つづつ。
あわせて10の早口言葉を続けて練習するのが、最も効果的な早口言葉といえるのです。

では、その10の早口言葉をご紹介します。


効果的な10の早口言葉

お綾や 八百屋に お謝りなさい とお言い

東京都 特許庁 今日急遽 休暇許可 拒否

新人シャンソン歌手アンドシンセ奏者 新春シャンソンショー

この竹垣に竹立てかけたのは竹立てかけたかったから竹立てかけたのです

斜め77度の並びで泣く泣く嘶くナナハン7台難なく並べて長眺め

武具馬具武具馬具三武具馬具 あわせて武具馬具六武具馬具

右目右耳 右耳右目

世の中は夢と思うも夢なれや夢を迷いというのも夢なり

岩のお椀を結わえる弱い縄の罠

いかがでしょうか。
最初はゆっくりと、だんだん滑らかに
そして慣れてきたら、一息ですべて言い切れるように練習しましょう。
大体の言いにくい言葉がスムーズに言えるようになると思います。

ここまで試してみて、「簡単だった」「もっとレベルアップしたい」
と思われた方は、これからさらに上級編にチャレンジしてみましょう。


早口言葉上級編

最初の10個にプラスもう10個
あわせて20個の早口言葉を、これもスムーズに、最終的には一息で言えるように練習してみましょう。

青い家をおいおい売る。上へ青い葵をおいおい植える
お綾や 八百屋に お謝りなさい とお言い

東京都 特許庁 今日急遽 休暇許可 拒否
菊栗菊栗三菊栗、合わせて菊栗六菊栗

新人シャンソン歌手アンドシンセ奏者 新春シャンソンショー
新設診察室視察。最新式写真撮影法

この竹垣に竹立てかけたのは竹立てかけたかったから竹立てかけたのです
鼓、小鼓、小鼓、鼓、包み、小包、小包、包み

斜め77度の並びで泣く泣く嘶くナナハン7台難なく並べて長眺め
抜きにくい釘、引き抜きにくい釘、釘抜きで抜く釘

母の頬に微笑みを見、ハヤオはホッとした
武具馬具武具馬具三武具馬具 あわせて武具馬具六武具馬具

右目右耳 右耳右目
ママ メモをとって 無味のまま豆をもむ

世の中は夢と思うも夢なれや夢を迷いというのも夢なり
宵のうちにお湯屋へおいで、いいお湯だよ、よい湯屋だねあのお湯屋は

岩井はお岩へお祝いを言う、お会いしてお祝いを言うわ
岩のお椀を結わえる弱い縄の罠


まとめ

いかがだったでしょうか。
すぐに言えるようにならなくても、焦らなくて大丈夫です。

何度も何度も練習してみてください。
これらの早口言葉が完璧に言えるようになれば、そのほかの早口言葉はすぐ言えるようになるでしょう。

ぜひ、試してみてください。